SNS ブランディング

徹底するべきインストラクターのブランディング戦略

今回はインストラクターがやっておくべきセルフブランディングについてお話ししていきます。

こんな方におすすめ

  • 独立してトレーナーとして自分で集客したい
  • 質の高いお客さんだけにサービスを提供したい
  • パーソナルジムの集客をもっと楽にしたい

そもそもブランディングとは何か?
このように思ってしまった人のために一言で説明するとこんな感じです。

"自分はこんなことができますよ!"
"こんな人は弊社のサービスを受けると悩みが解決しますよ!"

上記の二つをSNSなどの発信活動を通じてアピールしていくことをブランディングと言います。

こばたけ
お金持ちYouTuberの感じとはイメージが違うかもですw

ブランディングをすることによって、お客さんに「こんなはずじゃなかった」などのトラブルも起きにくくするため集客以外でもとても重要な要素になります。

今回で理解していきましょう。

発信については他の記事でも解説していますので参考にして実践して見てくださいね!

【必須】インストラクターがTwitterで集客するべき理由と方法を解説

続きを見る

ブランディングとはインストラクターの思いである

ブランディングとはインストラクターの思いだと考えています。

小僧
急に宗教っぽいなw
こばたけ
そう言うマインド系じゃないよw

思いというと怪しい感じがしてしまいますが、マインド面ではありません。

ブランディング発信

  • 私はどういうサービスをしているのか?
  • 誰のどんな問題を解決していきたいか
  • どんな人がお客さんになるべきなのか?

このような思いや行動指針を正しく情報発信していくことがブランディングだと考えています。

例えばパーソナルジムに置き換えてみると、
痩せることが目的なジムなのか?
マッチョになることが目的のジムなのか?
アスリートとして結果を出すためのジムなのか?

この部分をしっかりお客さんに見せていく必要があります。

痩せたい人に足が早くなることは刺さりませんよね?
この部分がしっかり決まっていないと発信で拡散力が増えても集客に繋がりません。

逆に正しく自分のサービスとマッチした発信をすることで、お客さんは「これを探していた!」と運命を感じたりします。

自分が誰に届けたいのか?
誰の問題を解決したい人なのか?
この部分をしっかり決めてブランディングする必要があるということです。

ポイント

ブランディングとは自分が何を届ける人なのか明確にして正しく発信する活動です

インストラクター集客はブランディングの設定で決まる

ブランディングとはなんなのかについて前章ではお伝えしていきました。
"誰に何を届けるのか?"
これがブランディングにおいてとても重要です。

この部分を正しく発信することで、集客ができます。

逆にこの部分が間違っていると、YouTubeをはじめたとしても、SNSを頑張ったとしても無駄に終わるケースがほとんどです。

ブランディングの設定については以下の内容を先に書き出しておきましょう。

チェックリスト

  • 誰の問題を解決したいのか?(商売のターゲットとなるペルソナ)
  • どうやって解決していくのか?(自分のサービス内容)
  • 解決した先に何があるのか?(お客様の声)

ここが決まってないと発信内容が決まらないだけでなく、
"何してるのかよくわからないやつ"
になってしまいます。

何しているかわからない人に仕事の依頼はできないし、
何を頼んでいいかそもそもわかりません。

逆に専門性がはっきりしていたら、その分野で悩んだときには相談したくなりますし、仕事を依頼したくなります。

0か100かくらいブランディングをしているかしていないかで結果が大きく変わるので重要です。

こばたけ
発信の芯がぶれないのでファンができやすくなります。

具体例として、私が行っているテニスコーチの派遣事業のSNSを見ていきましょう。

事業のターゲットとしてはテニス初中級者層の一番上達に悩んでいる方々です。

ここで道を示すことで、この分野の専門的な人間だと判断してもらえます。
(現にこのあとテニスの質問がめちゃくちゃ来ましたw)

こちらは事業とは直接的に関係ないのですが、
自分のプロジェクトにテニス界で最も有名な錦織圭さんからコメントをいただきました。

これはブランディングの中の一つ"権威性"と言って、自分が業界である程度精通していることや信頼を獲得することができます。

やりすぎると自慢など言われますが、自分の実績をちゃんと見せていくことはクライアントにとってもありがたいことなので発信していきましょう。

ポイント

自分は何の専門家なのか?どんな実績があるのか?
この部分を発信してブランディングしていきましょう。

まとめ

今回はインストラクターのブランディングについて解説していきました。

ブランディング=何屋さんか相手に伝える

どのように相手に見てもらいたいのか?
何の専門家なのか?
どんな問題を解決してくれるのか?
これを見てくださる方に伝えることがブランディングです。

自分の自慢ではお客さんは来ません。

相手の問題を解決できる専門家として発信活動をしていきましょう。

それができれば、お客さんはあなたを信じて依頼してくださるはずです。

発信の方法についてはまた細かく解説していきます。
発信初心者の方はTwitterがおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

【必須】インストラクターがTwitterで集客するべき理由と方法を解説

続きを見る

-SNS, ブランディング

Copyright© instructor adviser , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.