• ホーム
  • JR西日本の株主優待券について

JR西日本の株主優待券について

株式のグラフ

JR西日本の株主優待券は、毎年、年度末の期末株主名簿に記載される株主に対して提供される非常にお得な優待券です。
1枚の利用でなんと5割引きにもなるという優れもので、片道の運賃だけでなくその行程で使用する特急券・急行券・グリーン券・指定席券でも同時に割引を得られるのです。
なお、北陸新幹線のW7系車両に設置されているグランクラスについては割引の対象外になっていますので、この点は注意が必要です。
グランクラスはJR西日本だけでなくJR東日本でも株主優待券の割引対象外になっています。
また、案外知られていませんが、寝台列車を使用する場合にも運賃と料金が割引対象外になります。
既にほとんど寝台列車はありませんので、あくまで参考情報です。
JR西日本ではこの株主優待券の提供が数年前から強化されました。
長期保有の株主にとっては大変ありがたく魅力的なサービスです。
通常は100株あたり1枚が提供され、200株で2枚、500株で5枚というように、1000株までは100株に対して1枚の割合で提供されます。
1000株を超えると、超過分に対する優待券の配布割合が下がりますが、上限は20000株以上の株主に対する提供の100枚です。
では、何が拡充されたのかといいますと、たとえ100株だけであっても3年以上継続して保有している株主に対して、権利確定の時点で300株以上保有している株主に対する株主優待券の増付与が始まったのです。
たとえば300株を4年間保有している場合、以前は株主優待券が3枚もらえていましたが、現在では1枚追加されて4枚になりました。
同様に1000株の株主はこれまで10枚だったのが13枚に増えます。
このように魅力的なJR西日本の株主優待券はますます魅力を増しているのです。